クレジットカード活用法! 経費の精算や明細の利用まで

会社を設立した人が何としても取得しておきたいのが、事業用のクレジットカードです。
会社名を記入したいわゆる「法人クレジットカード」の場合、カード会社も相手の倒産の可能性を考えて審査するため、開業から3年程度の営業実績があり、2期連続黒字決算していて……などの条件を満たさないとカード審査が降りないことがあります。ただこれはあくまで目安であり、初年度でいきなり審査を通るケースもあります(固定電話を備えていると通りやすくなるそうです)。また、別に通らなかったとしてもデメリットがあるわけではなく、毎年申請しても構わないので、初年からガンガン申し込んでみるのはありでしょう。
法人クレジットカードの取得前であっても、あなたの個人名義でも構わないので、とにもかくにも、プライベートのカードとは別に事業資金を動かすためのカードをと持っておきましょう。あなたの一人会社であってもです。そしてその1枚のカードで事業資金にかかる経費をすべて清算するようにしておくのがベターです。もちろん、引き落とし用の口座は個人用とは別に持っておいてください。
さもないと、個人的な生活資金と事業資産の出入りが混乱してしまい、会計処理に大変な苦労をすることになります。また、生活で使ったお金がカードの利用限度額を圧迫してしまい、とつぜん使えなくなって資金繰りに要らない苦労をして慌てることにもなりかねません。
あらかじめ事業用に別のカードを作ってそれだけで事業資産を動かせば、後からこれは個人的な買い物だったか、事業投資だったのかと思い悩むことはありません。こうしないと会計処理に異常に時間がかかり、ミスも多くなります。
しかもカード会社は毎月自動的に明細を作って送ってくれます。これが会社にかかった経費の非常に分かりやすい一覧表として使えるので、これ一枚で会計ソフトへの入力事項が分かります。また、税務署での確定申告にこの明細そのものが添付資料として使うこともできるのです。