面倒な作業を効率化!会計ソフト「マネーフォワードクラウド」はこんなに便利

「MFクラウド」の略称で親しまれている会計ソフト『マネーフォワードクラウド』。『freee』と並んで広く利用されているクラウドタイプの財務会計ソフトです。
その機能はクラウドの強みを最大限に活かしており、銀行やクレジットカード・POSレジや電子マネー・人事労務・勤怠管理などなど多様なサービスに接続することで、入力・仕訳作業が圧倒的に自動化されます。AIがビッグデータから勘定科目を自動推定してくれるほか、機械学習で使うほど賢く、使いやすくなっていきます。
多彩な機材にも対応しており、Win、Mac両方のパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットにも対応しているマルチデバイスなソフト。お客のニーズに応じて利用するサービスだけを選べる仕組みで、たとえば会計と確定申告のみの利用はもちろん、請求書・給与・マイナンバーなど各種サービスを選んで利用することができます。
しかも法改正や税制変更などにも自動的にアップデートしてくれるので、インストール式の会計ソフトのように買い直したりする必要もありません。
従来の表計算ソフトでの会計事務では、まず入力作業に手間がかかる、外部送付のための印刷や封入作業の煩雑さに追われるものでした。しかもこれを毎月繰り返すのですから、いつかはヒューマンエラーも発生してきます。
これに対してMFクラウドでは、最低限の入力であとは自動的に作成し、しかもメール・郵送代行機能で封入作業を不要にしてくれるときています。しかも一度の設定で、毎月自動的に請求処理を行ってくれるというすぐれものです。これらの機能で、MFクラウド導入によって約5分の1にまで短縮されたという例も。
さらに経営のサポートとして、売上や経費などを自動集計、グラフ化するなど「見える化」に資する機能も満載。
家計簿アプリ版もあり、これを起業前から使っているという人にとっては、同じ感覚で会社経営にも応用できるわけですから、これほど有難いこともないのではないでしょうか。