御存知ですか? 法人クレジットカード

法人を設立して開業しようと考えておられる皆様、法人クレジットカード(法人カード)のことを御存知でしょうか?
法人クレジットカードとは「法人に属する個人」を名義としたカードのことです。ちなみに中小企業向けのものを「ビジネスカード」、大企業には「コーポレートカード」と呼び分けられています。
クレジットカードは券面(表側のことです)の左下に、名義者の個人名が入っています。この名義者の部分が2段になっており、上段に「会社名」が書かれるのです。このようなカードを契約することで、法人名義の口座からのカード引き落とし等が可能になるのです。
ただし、開業したばかりの小企業でこれを作ることは難しい場合が多いのです。相手側も倒産のリスクを考慮しているからです。一般的には「開業から3年が経過しており」「2期連続して黒字経営している」ということが一応の目安になっていることが多いのです。とはいえ黒字であれば2年目、場合によっては初年度でも通ることはあります。ダメでも特にデメリットはなく、翌年に再度申し込むことももちろん可能です。試しに申し込んでみる価値はあるかと思います。
それまでは個人事業主等向けのカードも各社で発行されていますから、そちらを契約するようにしょう。くれぐれも、個人のクレジットカードをそのまま事業でも使おうと考えてはいけません。個人資産と事業資金を同じ口座で管理し、同じカードで出し入れするのは問題です。限度額に達してしまいやすいですし、何より個人的な支払いと仕事上の支払いが混同してしまい間違いのもとになります。
個人事業や小企業にとってクレジットカードを持つメリットは、なんといってもカードを通して資金管理を一本化できること。事業用毎月の利用明細書をカード会社側で作成して送ってくれるのですから、これほど便利な事はありません。経理ソフトへの入力も圧倒的に簡単になりますし、この明細書そのものを確定申告に直接使う事もできるのです。
ちなみにカードの年会費は経費として認められます。おすすめの法人クレジットカード