株式会社の形態で開業することのメリットとデメリット

開業の方法はいろいろあります。
1つは個人事業主としての開業、そして持分会社(合同会社・合名会社・合資会社の総称)として開業する方法。そして最も有名で規模が大きいのが株式会社で起業する方法です。夢は大きく株式会社で!と考えておられる起業予定の方も多いでしょう。
しかし、まずは落ち着いて自分のプランと制度を見比べ、株式会社として起業することのメリットとデメリットを考えてみましょう。
というのは、会社というものは持分会社、つまり株式以外の会社として成立してからでも、後から株式会社に変更することができるのです。
まず、株式会社でなければならない場合。これは、業種によってはそもそも株式会社の形態でなければならないと法的に定められているものがあるからです。仮想通貨交換業(いわゆる取引所)がその1つで、株式会社のしかも資本金1000万円以上なければ登録ができません。こうした業種での起業を考えておられる方は株式会社一択です。
そういった制限がない業種でも、株式会社であるメリットは数多くあります。まず経営に携わらない人から資金を集めやすいこと。持分会社(というのは事実上「合同会社」一択なのですが)の場合は、出資者は経営に直接口を出します。株式会社はもちろん株主総会という形で間接的には出資者も関わりますが、経営者とは基本的に別です。これを「所有と経営の分離」と言います。また社会的信用が高く、大企業などは株式会社でなければ取引相手に選ばないという会社もあります。
デメリットとしては、費用がかかり手続きや事務が複雑なこと。
定款認証など法定の設立費用だけでも、持分会社(合同会社)であれば6万円ほどで済むのに対し、株式会社の場合は20万円ほどかかってきます。もちろん必要書類の量も全然違います。
また株主会社ではもちろん株主総会を開く必要があるほか、決算公告という義務があり、これを官報に掲載するのに6万円かかるほか、役員の任期があるので、それが切れるたびに重任登記というものをするので1万円(資本金1億円以上の場合は3万円)かかります。