株式会社で開業するコストはどれくらい? 制度上の裁定費用は。

開業したい、それも株式会社で開業したいと考えておられる方は多いと思われます。しかし株式会社を設立するには、どのくらいのコストがかかるのでしょうか?
かつての法律では「資本金」というものが最低1000万円なければ、株式会社の設立ができないとされていました。しかし今ではこの制度は事実上なくなり、資本金1円でも設立できることになっています。ちなみに高くするぶんには幾らでも構わないのですが、資本金1000万円未満の株式会社は、消費税の免税業者になれる等のメリットがあります。
注意しなければならないのは、業種によっては資本金がいくら以上でなければならないという制限がある場合があることです。たとえば仮想通貨交換業者(いわゆる取引所)は現在でも1000万円以上の資本金がなければ登録が受けられません。
次に設立そのものの費用について考えましょう。
株式会社の場合、定款認証手数料として5万円、定款謄本保存料300円(謄本を請求すると約1000円)登録免許税に15万円(資本金が2142万円以下の会社)。合計20万300円かかります。なおこれは電子定款の場合で、紙の定款にすると印紙代4万円がかかるのですが、紙にする必要は特にないでしょう。
ただし定款を電子定款として作成する場合には、AdobeAcrobatやICカードリーダー、そして自分の住民基本台帳カードが必要になるので、機材を持っておらず購入しなければならない場合には紙とあまり変わりません。が、機材は何かと使えるので電子定款+機材の方が紙でわざわざ印紙代を払うよりお得でしょう。
他に会社の印鑑と印鑑証明書などをそろえる必要もありますが、こちらは数千円程度です。あまり安っぽくても良くありませんが、過度に高級な物を買い求める必要はないでしょう。
もちろん実際に会社を運転していくにあたっては、事務所の契約や設備のリース・購入など費用がこれ以上かかることは言うまでもありません。あくまで制度上最低限の金額です。
なお総務省の統計によると、起業資金は500万円程度が一番多いとのことです。